塩ビ本管取付工法

  • HOME
  • 塩ビ本管取付工法

塩ビ本管取付工法

塩ビ管は肉厚が薄く材質も柔らかいため、枝管接続用の接続孔を開けると極端に強度が下がり接続工事は困難であるとされてきました。しかし本工法では、この問題を既設塩ビ管に取付孔を開ける前に枝管の接続を行い、漏水の検査・確認後、取付部にモルタルを注入し、補強した上で本管壁に孔明けすることで施工を可能にした工法です。
路上、立坑内、住宅地からあらゆる角度で発進可能で、今までの常識を変える安全・確実な取付方法です。200VU管に150VU管の取付もできます。

※クリックで画像が拡大します。

塩ビ本管コアー抜工

塩ビ本管取付工法

①推進機据付状況

①推進機据付状況

②銅管接続溶接状況

②銅管接続溶接状況

③銅管内排土状況

③銅管内排土状況

④既設本管確認状況

④既設本管確認状況

⑤スペーサーバンド取付状況

⑤スペーサーバンド取付状況

⑥塩ビ管挿入状況

⑥塩ビ管挿入状況

⑦塩ビ管コア抜き装置挿入状況

⑦塩ビ管コア抜き装置挿入状況

⑧塩ビ管コアー抜き状況

⑧塩ビ管コアー抜き状況

⑨塩ビコアー回収確認

⑨塩ビコアー回収確認
⑨塩ビコアー回収確認

CONTACTお問い合わせ

当社へのご依頼、ご相談はお電話、
またはお問い合わせフォームより承っております。

有限会社ラテラル・テック

TEL 0467-72-2530